わかうまショップ:和歌山のええもんを集めました

お彼岸とは?


お彼岸とは、春分の日・秋分の日の前後3日間を含めた7日間の間にお仏壇やお墓に手を合わせて先祖を供養する行事です。
2019年度の春の彼岸は3月18日(月)〜3/24(日)です。
初日の3月18日は「彼岸の入り」と言われ、3月21日(木)の春分の日は「中日」、3/24日(日)を「彼岸の明け」といいます。

なぜ彼岸は春分の日・秋分の日かと言うと、これには諸説ありまして、
1.お彼岸に極楽の世界を拝むことが出来る…太陽が真西に沈むため、西にある極楽の世界を拝むことが出来る
2.春分の日・秋分の日は中道(ちゅうどう)という仏様の教えを表す…かたよらない事を大切にする「中道」という教えから、昼と夜の長さが同じになる春分の日・秋分の日は仏様の教えを表している
という説があります。

元々「彼岸」とはインド由来の言葉で、仏教でいう「悟りの境地」のことを指します。
ですが、お彼岸は日本特有の仏教行事で他の国にはありません。

お彼岸のお供え物としては、一般的には「ぼたもち」と「おはぎ」と言われています。
この「ぼたもち」と「おはぎ」は全く同じもので、春は牡丹の花から「ぼたもち」、秋は萩の花から「おはぎ」と呼ばれています。
わかうまショップでは残念ながら「おはぎ」や「ぼたもち」の取り扱いはございませんが、
お供え物としては「くだもの」や「和菓子」もおすすめです(お供えした後に、「おさがり」としてみんなで食べることが出来るため)
またご先祖さまが生前に好きだったものもお供えするのも良いでしょう。

わかうまショップでは、錦花堂の和菓子をお勧めします。
興国寺の天狗伝説にちなんだ伝統の和菓子、お供えするときっとご先祖さまもお喜びでしょう。 お供えした後はおさがりとして皆様で美味しくいただいて下さい。

初めての方はこちら

和歌美味ショップについて

    配送の流れについて

    カテゴリーから探す

    グループから探す

    コンテンツ

    Instagram

    @katuragi.netshop

    Twitter

    Facebook

    京奈和自動車道かつらぎ西PA(下り)にかつらぎ町商工会が運営するアンテナショップがあります
    近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください
    かつらぎ町商工会のホームページはこちら
    2019年3月
    12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31
    2019年4月
    123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930
    休業日もご注文の受付は24時間可能ですが、当店休業日を挟む場合は配送が休日分遅れる場合がございます