わかうまショップ:和歌山のええもんを集めました

土用の丑にうなぎを食べる理由とは?

「土用の丑にうなぎを食べる」というのはよく聞きますが、そもそも「土用の丑」とは何の日でしょうか?
まず「土用」とは、立夏・立秋・立冬・立春の直前の約18日間の「期間」を示す言葉です。そして「土用の丑の日」とは、「土用の期間にある丑の日」の事を指しています。
そのため、土用の丑の日は年に数回(平均6回強)ありますが、世間一般には土用の丑と言えば”夏”のイメージがあるかと思います。
土用の期間

では、そのその「土用の丑の日」になぜうなぎを食べるようになったのでしょうか。
これは土用の丑の日は季節の変わり目のため体調を崩しやすい時期であり、その時に栄養がたっぷりあるうなぎを食べて乗り越えようという考えがあったためと考えられています。
一般的に広がったのは、1700年代後半に蘭学者の平賀源内(発明家としても有名ですよね)がうなぎ屋さんから相談を受けて店先に”本日丑の日”と看板を立てて、「土用の丑の日にうなぎを食べれば夏負けしない」と説明したことでうなぎ屋が繁盛し、他が真似をしたことから広まったと言われています。

と言うわけで、「土用の丑の日にうなぎを食べる」というのは理にかなった事なのです。もちろんうなぎ以外に栄養価の高い物を食べるのもいいですが、せっかくの土用の丑の日、美味しいうなぎを食べてスタミナアップはいかがですか?

うなぎのお求めは→こちら

初めての方はこちら

わかうまショップについて

    配送の流れについて

    カテゴリーから探す

    グループから探す

    コンテンツ

    LINE公式アカウント始めました。 トークでのご質問受け付けています。
    友だち追加はこちらから。

    友だち追加
    QRコードはこちら

    Instagram

    @katuragi.netshop

    Twitter

    Facebook

    京奈和自動車道かつらぎ西PA(下り)にかつらぎ町商工会が運営するアンテナショップがあります
    近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください
    かつらぎ町商工会のホームページはこちら
    2019年8月
    123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    2019年9月
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930
    休業日もご注文の受付は24時間可能ですが、当店休業日を挟む場合は配送が休日分遅れる場合がございます