わかうまショップ:和歌山のええもんを集めました

熱中症対策に梅はいかがでしょうか?

そもそも熱中症とは…

体温が上がり、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温の調節機能が働かなくなったりすることで、体温の上昇やめまい、けいれん、頭痛などの様々な症状を引き起こす病気です。皆様も一度は経験したことのある病気ではないでしょうか。

熱中症が起こりやすい状況

炎天下に長時間いたり、真夏に暑い中運動したというのはよくあるケースですが、体が暑さに慣れていない時期にもかかりやすい病気です。環境としては気温が高い、湿度が高い(気温が低くても湿度が高いと熱中症にかかりやすい)、 場所としては、風が弱い、日差しの強い、照り返しが強い、変化としては、急に暑くなったなどが要因となります。

予防するためには

暑さを避ける、服装を工夫することは大切ですが、こまめに水分補給をすることも大切です。この時、コーヒーや緑茶などのカフェインの強いもの、アルコール類は利尿作用があるのでN.G.です。また、汗をかくと同時に塩分も体外に出てしまうので、水分と同時にミネラルを補給することも大事です。

どうして梅を食べるといいの?

梅の特徴

梅には一般的にミネラルと呼ばれるカルシウムやリン、鉄分などの鉱物性の栄養素が多く含まれています。
梅の酸味は、唾液の分泌を促して食欲を増進させるだけでなく、胃液やその他の消化酵素の分泌を高めて消化吸収を助けてくれます。

食事バランスを整える、代表的なアルカリ性の食品

米やパンなどの主食や肉・魚などの多くの食品は酸性食品です。しかしながら健康維持のためには酸性とアルカリ性のバランスを取ることがかかせません。
梅干は酸っぱいですがアルカリ性の食品で、ほんの少し食べるだけで酸性を中和することが出来るすぐれものの食品です。

手軽な熱中症対策として梅はいかがですか?

このように熱中症対策には梅がおススメです。せっかく梅干を食べるなら、美味しいものを食べたほうが良いですよね。また、酸っぱい梅干しは苦手というかたもいると思いますので、当店では近年人気のはちみつ漬けの梅や昔ながらの紫蘇漬け梅やかつお梅、余計なものが一切入っていない塩漬けの梅などをご用意しています。
梅干し以外にも手軽に食べることが出来るカリカリ梅もご用意しております。そのままカリカリ、刻んだものはチャーハンに入れたりしてもGood!
お好みのものを探し、ぜひ暑い夏を乗り切ってください!

初めての方はこちら

わかうまショップについて

    配送の流れについて

    カテゴリーから探す

    グループから探す

    コンテンツ

    LINE公式アカウント始めました。 トークでのご質問受け付けています。
    友だち追加はこちらから。

    友だち追加
    QRコードはこちら

    Instagram

    @katuragi.netshop

    Twitter

    Facebook

    京奈和自動車道かつらぎ西PA(下り)にかつらぎ町商工会が運営するアンテナショップがあります
    近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください
    かつらぎ町商工会のホームページはこちら
    2019年8月
    123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    2019年9月
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930
    休業日もご注文の受付は24時間可能ですが、当店休業日を挟む場合は配送が休日分遅れる場合がございます